発酵食品の健康に対する効果! おすすめランキングも紹介!!

はじめに 

発酵食品とは、食材を微生物などの作用で発酵させることによって、加工した食品のことを言います。

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 発酵食品は今に始まったことではなく、実は昔から親しまれている食品なんです。

そして数多くの健康結果があることでも有名ですよね。 私もよくテレビや雑誌などで、発酵食品は健康にいいから食べた方がいい、というのを目にしていました。

親からも、発酵食品は体にいいからちゃんと食べるのよ!納豆を食べる子はえらい!と頻繁に言われていたのを思い出します・・・。

日本人の平均寿命が長いのは、この発酵食品をたくさん摂っているからと言われるくらい、健康にいいみたいです。

ではそんな発酵食品にはどんな健康効果があるのか、そしておすすめの発酵食品についてもご紹介していきます。

発酵食品の健康に対する驚きの効果!!

発酵食品は、食材を微生物などの作用で発酵させることということでしたが、なんだか難しい表現ですよね。

分かりやすく言うと、人の食べ物や飲み物によい変化をもたらす微生物が、食材に起こす作用のことを指します。

食材そのものに加えて、風味をプラスする、とイメージしてもいいでしょう。 食材がよりおいしくなるということですね。

発酵に使われる微生物は、酵母、カビ、細菌があります。 それぞれ1つだけを使うこともありますし、組み合わせて使う場合もあります。

では発酵食品の健康に対する効果を見てみましょう。

まず一つ目が、「食材の栄養価が高まる」ということです。 発酵することによって、食材そのものでは得ることのできなかった栄養価をプラスして、摂取することができるというんです。

例として、納豆があります。 煮大豆を納豆菌が発酵してできる納豆は、発酵することによってナットウキナーゼをはじめとする栄養をプラスすることができています。

二つ目が、「腸内環境を整えることができる」です。

腸内にはビフィズス菌など微生物が存在しています。 発酵食品を摂取することで、体の健康を保つためによい働きをする細菌、いわゆる有用菌を腸内に送り届けることができます。

よって、免疫細胞の活性化を促してくれているんです こうした健康効果のある発酵食品、そのルーツも気になりますよね!

世界で初めて作られた発酵食品は、ワインだと言われています。それも1万年以上も前のことなんです!

これは、保存しておいたぶどうジュースがいつの間にかワインになっていた、つまり酵母が糖を発酵しアルコールを作ったということなんです。

偶然見つかったのが発酵食品の始まりとは、驚きですよね。

なんとなく、健康にいいものを研究していて発酵することにたどり着き、どこかの企業が発酵食品を発明したのかと思っていました。

そう、発酵食品は健康のために作られたものではなく、偶然生まれたものだったんですね。驚きです。

おすすめの発酵食品ランキング(個人的)!!!

ではここで、健康にもよくておいしい、おすすめの発酵食品3つをご紹介していきます。

 第一位  「納豆」!!

日本人は納豆が大好きですよね。私も大好きですし、子供も納豆ごはんにするとたくさん食べてくれるほど大好きなんです。

そんな納豆は、発酵食品といえば!という質問に一番出てくる回答ではないでしょうか。

それほど発酵食品として有名ですよね。

納豆には、良質なたんぱく質、ビタミン類、ミネラル、食物繊維が含まれています。 それだけでなく、納豆にはコレステロールを下げる効果もあると言われています。

健康診断で、悪玉コレステロール値がひっかかっている方にはとてもおすすめです。 また腸内環境も整えてくれるので、便秘や下痢に悩んでいる方にも最適ですね!

そのまま食べてもいいですし、ごはんにかけたりうどんやパスタと一緒に食べてもおいしいですね。アレンジの仕方がたくさんあるので、魅力的なポイントです。

第二位  「味噌」!!

味噌も発酵食品としてご存知の方も多いかもしれません。 味噌は、蒸した大豆に米や麦、豆の麹と塩を加えて発酵することによってできています。

大切なのが、私たちの体内では生成されない必須アミノ酸に、大豆のたんぱく質を分解してくれる効果があるんです!

日本人といえば、ごはんとお味噌汁がセットになった食事のイメージがありますよね。 これは健康面から見ても最適な組み合わせなんです。

ごはんと味噌を一緒に摂ることで、先ほどの必須アミノ酸のバランスが整って、消化吸収をより高めてくれる効果があります。

なんとなく、ごはんと味噌汁は合うから食べている方もいるかもしれませんが、健康面から見ても素晴らしい組み合わせだったんですね!

 第三位  「甘酒」!!

お正月やお祝いで飲むイメージがありますが、甘酒も発酵食品です。 甘酒は飲む点滴ともいわれますが、ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミン類が豊富に含まれています。

大人だけでなく、塩分が含まれていないものは赤ちゃんでも飲むことができるので、ぜひ飲んでほしい発酵食品の一つです。

発酵食品を使った簡単なレシピ。ぜひご家庭で!!

ではこれらの発酵食品を使った、簡単なレシピをご紹介します。

納豆汁。

これは私もよく家で作るのですが、おいしいんです。 納豆がお汁の中に!?と思うかもしれませんが、意外と合うんですよ~!

具材は家にあるものでいいのですが、おすすめはごぼうと油揚げです。

【作り方】

・ごぼうはささがきにして、酢水にさらしておく。油揚げは油抜きして食べやすい大きさに切っておく。残り野菜などがあれば、切っておく。

・鍋にごま油小さじ1を入れて、水気を切ったごぼうを炒める。さらに油揚げや、残り野菜などを入れてさっと炒める。

・3カップのだし汁を入れて、7,8分煮込む。 ・味噌大さじ3をといて、ひきわり納豆2パックをそのまま入れて、完成!

納豆入れちゃっていいの!?と思うかもしれませんが、ぜひ一度食べてみてほしいです。 意外と合うんです。

これは味噌、納豆が一緒に摂れるので、これにごはんを食べたら最強の組み合わせですね!

おわりに

発酵食品がなんとなく健康にいいイメージはあったかもしれませんが、それがどうしてなのかお分かりになりましたでしょうか?

私もなんとなく聞いたことがあっただけなので、なぜ健康にいいのかを改めて知ることができました。

納豆、味噌、甘酒だけでなく、塩麹や酢、キムチなど他にもさまざまな発酵食品があります。

発酵食品をより体に取り入れて健康体を目指すには、

・長く継続して食べること

・組み合わせて食べること これが大切なんです。

私もこれからは毎日発酵食品摂取して、発酵食品同士をうまく組み合わせて料理を作っていきたいなと気持ちが新たまりました!

ぜひ皆さんも、発酵食品を食卓に取り入れて、健康を目指しましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ