ベジタリアンとビーガンの違いって分かりますか?

はじめに

ベジタリアンとは菜食主義の人のことで、動物性食品の一部又は全部を避ける食生活を実践している人のことを指します。

最近では、「私ベジタリアンなの」と公言する人も増えていますね。

芸能人やモデルでも公言している人が多く、私もこうなりたい!と憧れを持つ人は真似してベジタリアンになっていたりもします。

私はベジタリアンの人は、野菜を中心に食生活を送っているイメージがあるので、健康によさそうだなというイメージを持っています。

体にもなんとなくよさそうに感じますよね。 そこで、ベジタリアンって本当に健康なのか、またベジタリアンと同じくらいよく耳にするビーガンとの違い、さらにベジタリアンに人気のレシピについても調べてみました!

ベジタリアンとビーガンはちょっと違うんです。

ではまず、ベジタリアンと同じ意味合いでよく耳にする、ビーガンとの違いについて調べてみたいと思います。

私もどちらも同じ意味だと思っていましたので、違いがあるの?と思いました。

調べてみると、 ベジタリアン・・・肉や魚を口にしない ビーガン・・・卵、乳製品、はちみつも口にしない という違いがあることが分かりました!

ということは、ベジタリアンの人は肉や魚を口にしたいだけで、卵や乳製品、はちみつは食べているということですね。

かえってビーガンは、これらも食べないということですから、本当に野菜しか食べていないのでは!?と思うかもしれません。

ではそれぞれを詳しく見てみましょう。

ベジタリアンとは、今から170年前、1847年に発足した英国ベジタリアン協会で命名されたと言われています。

そんな前から、ベジタリアンという言葉があったことに驚きます。 ベジタリアンは、主に下記4つに分類することができます。

・ビーガン(植物性食品のみを食べる人)

・ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる人)

・ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる人)

・ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる人)

ということは、ベジタリアンの中にビーガンという種類の人がいるということなんですね! この4つはまだ一例で、本当はもっと細かく分類できるそうです。

ではその中のビーガンについても見ていきましょう。

ビーガンという言葉は、1944年イギリスでビーガン協会が命名したと言われています。

ビーガンとは完全菜食主義者のことで、野菜しか食べないということなんです。

さらにビーガンの中でも、フルーツしか食べない人、レザーや毛皮などの動物製品も着用しない方など、さらに分類されるそうです。

大まかにベジタリアン、ビーガンと認識していましたが、こうした意味があること、そしてさらに分類されるということが分かりましたね!

ベジタリアンって結局は偏食じゃないの?

ベジタリアンと聞くと、健康によさそう!健康に気を遣っている人なんだなというイメージがありませんか?

私はそういうイメージを持っていて、体にもよさそうと思っていました。

しかし「ベジタリアン=体にいい、健康」といったイメージは必ずしも正解とはいえないことが分かりました!

その理由は、

・栄養が不足しがちになる

・骨密度が低下してしまう

・お通じが悪くなる

といったデメリットがあるからなんです。

まず栄養が不足しがちになるということですが、これはなんとなく想像できますよね。

野菜は体にいいということは知っていても、確かに野菜だけ毎日食べていたら他の栄養素が不足しますよね。

ベジタリアンは動物性食品を食べないという方が多いのですが、そうするとたんぱく質・ミネラル・オメガ3脂肪酸といった栄養素が不足します。

体には、炭水化物・脂質・ミネラル・ビタミン・たんぱく質の5つの栄養素をバランスよく摂取することで、健康であるといえます。

極端にどれかだけ摂取しない、というのは健康にはよくありませんね。 続いて骨密度が低下してしまうデメリットです。

野菜にももちろんカルシウムは含まれていますが、乳製品などに比べ吸収率が悪いと言われています。

よってベジタリアンの人はカルシウムが不足し、骨密度が低下しがちだと言われています。

小松菜や海藻を積極的に摂ることで、カルシウムを他の人より補っていく必要があります。

最後にお通じが悪くなるというデメリットです。

人は、動物性脂質を摂らないと便通が悪くなると言われています。 野菜を食べていればお通じはよさそうと思いがちですが、意外と便秘になる方が多いようです。

良質な油や食物繊維を積極的に摂ることで、お通じをよくしていく必要があるのです。

これを見てみると、確かにベジタリアンだから健康!といったイメージを覆すことができたのではないでしょうか。

しかし、消化がよくなったり生活習慣病のリスクが減るなど、ベジタリアンだからこそのメリットもあります。

ベジタリアンの人気レシピ!!

ではそんなベジタリアンの方々に人気のレシピを見てみましょう。 いったいどんな食生活をしているのか、気になりますよね!

ベジタリアンに人気のレシピの一つが、「野菜ともずくのスープ」です。

たっぷりの野菜にもずくも入れることで、お肉がなくてもお腹がいっぱいになるレシピだと人気なんです。

それでは作り方を見てみましょう。

用意するものは、

生もずく150g、白だし大さじ2、粉末あごだしの素小さじ2、みりん大さじ1、卵1個、青葱少々、そして野菜は冷蔵庫に余っているお好きな野菜で大丈夫です!

・鍋にお好きな野菜とひたひたになるくらいの水を入れて沸騰させる

・白だし、あごだし、みりんを入れる

・野菜が煮えてきたら、キッチンバサミでもずくを食べやすい大きさに切りながら入れる

・少し煮込んだら、溶き卵、青葱を入れて完成!

とっても簡単ですよね。冷蔵庫整理にもおすすめですし、好きな野菜を入れるだけなので簡単です。

ベジタリアンの方でも、もずくを摂取することでカルシウムを摂ることができますね。

そしてお腹いっぱいに食べることができるのにヘルシー、という点がおすすめのポイントです。

おわりに

今までベジタリアンとは野菜を食べている人、というイメージがあり、まさかここまで分類されているなんて知りませんでした。

分類し続けたら、どこまで分けることができるんだろう・・・と少し気になりますよね。 一言でベジタリアンといっても、いろんな方がいるんだなということが分かりました。

しかし、ベジタリアン=健康といったイメ―ジは見方が変わりました。 確かにずっと野菜中心だと、他の栄養が不足しそうですよね。

ベジタリアンは宗教や動物愛護のため、健康のためなどさまざまな理由で取り入れています。

ベジタリアンは健康、健康ではないとは一概には言えませんが、理由があってベジタリアンを選択しています。

その気持ちを尊重しつつ、いつか自分もベジタリアンになることがあるかもしれません。 ベジタリアンについていろいろと知ることができて、とても勉強になりました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ