夏フェスを楽しもう!困らないための便利な持ち物を紹介します!!

はじめに

夏の楽しみは、たくさんありますね!

お祭り、花火大会、海やプールなど、たくさんのイベントがありとっても楽しい時期です。

そんな中、夏フェスを毎年楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。 私もその一人です!

夏フェスは、たくさんのアーティストを何日間かに渡って見ることができます。 それだけでなく花火があったり屋台が出ていたりキャンプができたり、音楽以外にも楽しめる要素が満載なんです!

主に屋外で行われるというのもポイントですね! フェスによって出るアーティストも異なり、イベントも変わってくるのでたくさんのフェスに参加する方もたくさんいます。

私も今までたくさんの夏フェスに参加してきました! 夏フェスに参加したいけれどどんなところ・・・?と思っている方に、 夏フェスの楽しみ方や困ること、持っていくと便利なものなど夏フェスについていろいろご紹介したいと思います!

音楽以外も満喫しよう!夏フェスの楽しみ方!!

まず夏フェスは楽しんだもん勝ちです!

そして自分のペースで楽しむことができるのが、魅力の一つです。 フェスの楽しみ方をいくつかご紹介しますね!

まず一つ目が、【事前準備】です。

フェスはあらかじめホームページで、出演アーティストやイベント、屋台の情報などを発表しています。

それを見て、どのように楽しむかをあらかじめ考えておくことです。 タイムテーブルも発表されます。

複数のアーティストがあらゆる会場で出演するのもフェスの特徴です。 夏フェスに参加する場合、お目当てのアーティストがいると思います。

まずそのアーティストが何時からどこで出演するのかを確認し、 自分がどのように会場を回って、どのアーティストを見るのかを確認しておきましょう!

しかし、たまにお目当てのアーティストの出演時間が重なっていることもあります・・・。

その場合はどちらを見るか、途中で切り上げてはしごするかなど、詳細に自分なりのスケジュールを決めてみましょう。

ある程度一日の過ごし方を決めておくことで、どこでお昼を食べよう、ここは芝生でゆっくりしたいな、などと自分なりの楽しみ方を見つけることができます。

二つ目が、【音楽以外も満喫しよう】です。

夏フェスのメインは、やはり音楽です!ですが、それ以外も楽しめるように主催者はいろいろ考えてくれているんです!

屋台も、ご当地のものを揃えたりおいしいと評判のお店が並んでいることもあります。 ごはんも一つの楽しみにできますね!

お子さん連れの方も夏フェスにはたくさんいますので、お子さんが楽しめるスペースを作ってくれていることもありますよ!

音楽以外も、多くの人が楽しめるのが夏フェスの魅力ですね! あとは、その場の雰囲気を全力で感じることです!

夏フェス独特の開放感があるので、日々の嫌なことを忘れて楽しむことができます。 ぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてくださいね!

当日困らないために事前準備はしっかりと!!

一方で、夏フェスで困ることがあるのも事実です。 あらかじめ知っておくことで、困らず快適に過ごせますので知っておいてくださいね!

まず一つ目が、【交通機関】です。

夏フェスはどちらかというと田舎で開催されることが多く、行き方に悩むことがあります。

車の場合は、あらかじめ駐車場の状況を確認しておきましょう。 電車の場合、荷物もあると思いますので行きやすい行き方をあらかじめ確認しておきましょう。

二つ目が、【宿泊】です。

フェスは何日間か連続で行われることが多く、すべての日程参加される方もたくさんいます。

そうなると困るのが、宿泊ですね。 キャンプができるようになっているところもありますが、道具を持って行ったり暑さ対策をしなければなりません。

周辺の宿泊施設は、直前では予約できないことも多々あります。

夏フェスに参加することが決まったら、まず宿泊はどうするのかを考えましょう。

ちなみに野宿はかなり危険です!夏フェスはかなり体力を消耗し、場所によっては虫が発生することもあります。

夜はゆっくり休むために、キャンプやホテルなど、あらかじめ考えておきましょうね。

そして最後に、【暑さ】です。

年々暑さが厳しくなってきていますので、一日中外にいることで熱中症の危険性が高まります。 ライブは盛り上がってますます気温も上がります。

そこにずっといて、熱中症で運ばれる方も毎年たくさんいるんです・・・。 きちんと暑さ対策をすること、日陰はあるのか、休める場所はあるのかも事前に確認しておきましょうね!

これは持って行きたい!便利な持ち物8点!!

夏フェスに持っていくと便利なものは、実は結構あるんです・・・!

毎回荷物が多くなりがちな夏フェスですが、必要かどうかを見極めて荷造りしてみてくださいね!

では夏フェスならではの持っていくと便利なものを一覧でご紹介します。

・現金 

・着替えたくさん!

・モバイルバッテリー

・日焼け止め

・クーラーボックス

・レインコート

・レジャーシート

・帽子

普段持ち歩くものに加えて、夏フェスに必要なものはこちらです。

まず現金ですが、カードが使えないお店が多いため必ず必要です。 屋台も、現金払いがほとんどです。

ある程度くずしてから行くといいですね!

着替えは、意外と汗をかいて何度か着替えることもあるので必須です。 モバイルバッテリーは、充電できるところがあるかわからないので必要ですね。

クーラーボックスは、車の場合は持っていくと飲み物を冷やせて便利です。

私的に絶対持っていってほしいものが、レインコートです。

実は夏フェスって雨が降りやすいんです!毎回雨が降っている気がします。 突然の雨でも、傘をさしてライブを見ることはできません。

ですのでレインコートは必ず持っていってくださいね。 レジャーシートも、休憩したい!座りたい!というときに便利です。

帽子や日焼け止めは、暑さ対策ですね。 こうなると、意外と荷物が多くなるのが夏フェスです。

近場で日帰りならまだ荷物も少ないですが、泊まりになると大幅に荷物が増えます。 持っていくのを忘れないだけでなく、忘れ物をせずに帰ることも大切ですね!

おわりに

これから夏フェスのシーズンになりますので、参加される方も多いのではないでしょうか。

私も今年は参加したいと考えています!! 夏フェスの魅力は、やはり開放感の中音楽を全力で楽しむことができる点です。

新たな音楽との出会いがあったり人との出会いがあったり、心から楽しむことができる場所です。 そして自分なりの楽しみ方ができるのも魅力ですね。

ずっとライブを見ていなければいけないということもありませんので、のんびりゆったり、遠くから音楽を聞いていてもいいんですよ!

盛り上がらなければいけない、ということもありませんので、気軽に参加しやすいですね。 夏フェス、ますます暑さが厳しくなりますが、体調に気を付けて楽しんでください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ