年収1000万超!?外資系企業の特徴に合う人は転職の検討をしてみては?


はじめに

外資系企業

グローバル化が始まって久しい現在、日本においても外資系企業はあまり珍しい存在ではなくなってきました。

やや手詰まり感が見える日本の企業に比べて、世界規模で発展している企業も多い外資系に魅力を感じている方も少なくないかも知れません。

では、そんな外資系企業の特徴とは、どのようなものなのでしょうか。


外資系企業って日本企業とは全く違った特徴を持っています。合う人はこんな人たちです。

外資系について一般的に言われているのは、「高収入の社員が多い」ということです。

他に「日本の企業と比べると、より成果を重視する」というイメージもありますよね。また、「離職率が高い」という印象も強いです。

結論から申し上げますと、これらのイメージは、おおむね、当たっています。外資系では結果を出せば昇進も早く、給料も上がりやすい傾向にあります。

一方、あまり成果を上げられない場合には、その逆の扱いを受ける、ということになります。
このような事情から、離職率も高めになっているというわけです。

では、そんな外資系企業に合う人とは、どのような人なのでしょうか。

いろいろな要素がありますが、代表的なものとしては、「指示待ち人間で無い」「個が確立されている」「同時並行的かつ迅速に仕事ができる」「さまざまな国籍や価値観の持ち主と、うまくやっていくことができる」「語学力がある」「外資系特有のノリについていける」などがあります。

「仕事ができる」ということに関する基準が日本の企業とは違いますので、そういった基準を満たしていて、しかもその外資系企業にしっかりとした成果をもたらすことのできる人が向いています。


外資系企業って給料も高いし待遇もいいみたいですね。求められるものも高くなってきますが・・・。

では、実際の外資系企業の給料や待遇は、どのようになっているのでしょうか。

「外資系企業では、30代で年収1,000万円超の社員がゴロゴロいる」なんて話も聞きますが、これはある程度、本当のようです。

ただし、日本の企業のように年功序列ではありませんから、外資系に勤めている人が全て、日本の企業とは比べ物にならないほどの高収入を得ているということではありません。

外資系は成果主義の傾向が強いですから、成果を上げた社員は年齢にあまり関係なく高給を与えられ、そうでない社員はその逆になりがちです。

しかも、高給を得た場合でも、それは永遠ではなく、業績が下がれば、すぐに下がってしまうといったシビアな面もあるようです。

ですから、外資系の給料の高さの象徴として紹介されるようなケースは、ずっと結果を出し続けている特に優秀な社員か、一時的に成果を上げて高給を手にした時期の話をとりあげられているか、どちらかの可能性が高いでしょう。

なお、外資系の給料や待遇について考える際には、日本の企業と同じように考えてはいけません。

外資系は退職金や諸手当がない場合が多く、年俸=全収入、といったことになりがちです。また、会社にもよりますが、福利厚生面では日本の企業より劣っているケースが多い模様です。

そういった意味では、日本の企業と同様の待遇は期待できない、と思っておいた方が無難でしょう。


外資系企業に転職するために必要なことって?日本の企業とは全く違うので気を付けましょう!!

以上、見てきましたように、外資系企業は日本企業とは根本的に異なる要素を含んでいます。

しかし、外資系企業のそういったところに魅力を感じ、外資系企業への転職を希望する方もおられることでしょう。

では、外資系企業に転職するために必要なこととは何なのでしょうか。

具体的なことは職種によって異なるのですが、大まかに言えば、「根本的な『個』としての能力の高さ」「外国語が得意」の2点が挙げられるかと思います。

まず、「根本的な『個』としての能力の高さ」についてです。

日本の企業では、「いろいろなことをそれなりにこなせるオールラウンダーな能力」や「和を大切にするメンタリティー」が重視される傾向にありますが、これらは外資系企業ではあまり評価はされません。

「いろいろなことをそれなりにこなせる」よりも「会社に利益をもたらすことのできる強み」を持っていることの方が重要です。

また、「和を大切にするメンタリティー」は、しばしば消極的な姿勢を生みますが、それでは外資系企業で評価を勝ち取るのは難しいでしょう。

もちろん、チームワークは必要ではあるのですが、そのために必要なものは、日本の企業とはかなり違ってきます。

「出る杭は打たれない」ではなく、「出るのは当たり前で、その上でどれだけのことができるか」といったことが問われてくるわけです。

外資系には独特のハードさがありますから、心身ともにタフであることや、そのための自己管理なども必須です。

次に、「外国語が得意」ということについてですが、ただ単に外国語に堪能であるだけでは不十分で、「異なる国籍や人種の人たちと、差別意識なく、うまくやっていくことができるか」といった点も重要となってきます。

外資系では、いろいろな国籍や人種の人たちと仕事をする可能性がありますから、差別意識や偏見などでトラブってしまうようでは、少し見通しは暗いと思っておいた方がよいでしょう。


おわりに

元々、日本企業とは別世界に見えていた外資系ですが、調べた結果、やっぱり、かなりの別物だということが分かりました。

これだけ違うとなると、「優秀な人材なら、どこでも通用するはずだ!」っていうのも、疑ってかかってみた方がいいかも知れませんね。

外資系の魅力と言えば、やっぱり収入の高さですが、それを維持するには成功し続ける必要がある、というハードな世界です。

これは、ある意味、日本の芸能界よりハードかも知れません。

よく、一発屋の芸人さんが落ち目になった後の生活が話題になりますが、たとえ一発屋で終わったとしても、そのせいで事務所をクビになる、ってことは、なかなか、無いように思います。

でも外資系の場合、結果が出ない=クビ、ってイメージがありますから、かなり人を選ぶ職場だなあ、って感じがします。

「合う人には合う」っていうよりも、「合う人にしか合わない世界」って言った方が的確なような……。

しかし欧米ってほんとにこんな感じの会社しかないんですかね……(^^;

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ