アイナメの釣り方は超簡単!!旬とおいしい食べ方。値段も手ごろですよ♪


はじめに

アイナメさん

 

アイナメは北は北海道、南は九州までのほぼ日本全域の沿岸部で見られる、生息範囲がわりと広い魚です。

釣りの対象魚としては30から40cmが中心ですが大きいものだと60cmほどになる固体もあります。

基本的な生態は回遊魚と違い一定の場所に留まっています。岩礁帯の底付近に潜んでいて、岩やテトラポッドなどの隙間にも身を潜めています。


アイナメ釣りの最高の時期は?仕掛けは難しくありませんよ!

アイナメの釣の時期は一般的には秋から春の初め頃までです。

アイナメは水温の下がる秋から春にかけては海岸などの浅い海にやって来て、夏を迎えると適水温の沖の深場へと戻っていきます。

堤防や海岸からアイナメを釣る場合はこの春から秋の接岸時期が最適となります。

釣りの時期は3月頃までですが、海の少し深い場所に移動しているだけなので、船釣りなどならば、釣ることが可能です。

ただし、春になっても海水温の変化は気温に比べると1ヶ月から2ヶ月ほどずれているので、場所によっては海水温が低く堤防からでも釣れる場合があります。

堤防付近でアイナメを釣る場合には、遠投とチョイ投げがあり、釣り場ごとのの状況により仕掛けを変更することが大切です。

まず、遠投用では投げた後は竿を置いてアタリが来るのを待ちます。アタリが無い時はリールを巻かず竿をあおり仕掛けを引き寄せたあと、再び竿を置いて待ちます。

引き寄せるときには根掛かりしないよう仕掛は引きずらないで、注意しながら引き寄せます。

遠投ではなくチョイ投げの場合は、堤防付近からテトラポッドとの隙間に仕掛けを落とし、底にについたら仕掛けを海底から少しだけ浮かせるような感じでアイナメが喰いつくのを待ちます。

この時はアタリの感触を確かめながら釣るようになりますので置き竿はせず手に持ったままアイナメが喰いつく感触を楽しみましょう。

テトラポット周辺だと糸が引っかかったり擦れたりして遠投の時より糸が切れることが多いので気をつけなければなりません。

餌は一般的にアオイソメやイワイソメ良いと言われているのですが、ゴカイでも普通に釣れますのでどちらを選んでも問題ありません。

次にアイナメをする際に使用する道具ですが、竿自体はアイナメ専用というものは少ないので長さが2m程度のカレイ用の竿などを使用すると良いでしょう。

リールは海水対応のスピニングリール、ラインは4から5号のナイロンラインが最も適しています。

針はアイナメ用といった専用針などがありますが、結局使用する針は狙う獲物の大きさに合わせて選ぶだけなので専用針にこだわる必要はありません。

アイナメの標準サイズである30~40cmを狙うのであれば11~14号が最適な大きさです。

仕掛けは複雑なものは必要なく針とオモリだけというシンプルなもので十分です。基本はチョイ投げで釣るのでオモリは小さめで。

大事なのは狙う時期と場所なんですね。

秋ごろから春にかけて堤防付近からシンプルな仕掛けで狙うと言うのがアイナメ釣りの基本スタイルです。

テトラポット


アイナメの旬とおいしい食べ方について!!個人的には煮付けが最高!!

基本的には1年中食べることができるですが、アイナメは夏に産卵する魚のため、産卵に備えて栄養を蓄える春の終わり頃が脂が乗って最もおいしい時期といわれています。

特に瀬戸内海で春から夏にかけて獲れるアイナメはにおいしいと言われています。

刺身として食べられることが多く、白身で淡泊でありながら旨みがあり脂がのっています。

刺身以外ではバターソテー、唐揚げ、お吸い物の具、塩焼き、煮つけ、ムニエルなどの調理方法があります。個人的には煮付けが最高です。

また、カルパッチョやたたきにしてもおいしくいただけます。他にも、皮を残した生のアイナメをガズバーナーで炙り、冷水で締める「焼き霜造り」という食べ方もあります。

皮目に脂のある魚に使われる調理法といわれ、アイナメの他には鯛やノドグロでも同様に調理されることがあります。

江戸時代から岸から釣れる魚として知られているのですが江戸前寿司のネタとして扱われることはありませんでした。

最近寿司ネタとして扱われるようになったのですが、好んで握る職人さんは少ないようです。

アイナメ好きな私としては是非食べてみたいのですが近くにどこかありませんかね?

また、アイナメにはカルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンEなど豊富な栄養素が含まれているのも特徴です。

煮付け


アイナメが釣れなかったら買えばいい!!値段っていくらくらい!?

アイナメは値段の幅の大きな魚です。

白身で味が良いため昔から高級魚として知られてきたのですが、最近ではただ白身でおいしい魚という認識で高級魚としては扱われていません。

市場では生で食べることが出来る、つまり刺身で食べることができるというのが高値をつける最大の条件で、漁の段階でほとんどが死んでしまう野締めの多いアイナメは生食には向かず火を通して食べる惣菜魚とされます。

仲卸での価格は漁の時に死んだ野締めは安く、1キロ当たり1000円以下でも買える場合があります。締めたもので1200円~2000円程度といったところです。活けのものになると2000円台から5000円台のものもあります。

入荷の頻度や量は普通かやや多いといえます。大きさや形がほど良く生きたままで市場に出回ることになればそれなりの高値がつくようです。また、旬である春の終わりから、夏にかけては高値になる傾向にあります。

大きさは200グラムから1キロ以上のものもありますが、アイナメは標準的な大きさのものが好まれ大きくても小さくても価格は安くなってしまいます。

スーパーなどでも普通に売られていますがほとんどが刺身用ではないため1尾数百円程度で売られていて値段は年間通してバラつきは無いように思います。

産地は鮮魚では多くが国産のものになり、東京の場合は常磐や東北、北海道からの入荷が多くなりますが、韓国や中国からの輸入の場合もまれにあります。


おわりに

今回は個人的に大好きな魚アイナメについて書いてみました。

アイナメの語源はアユのように縄張りを持つため、「鮎並」が訛ったものとも、アユに似て滑らかであるからともいわれています。

魚の生態は学ぶことが難しく、日々変化しているもなので、把握するのは難しいものです。しかしながらアイナメは釣り初心者でも身近な防波堤から手軽に狙うことができ食べてもおいしいので是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。

ちなみにアイナメは筆者が子供の頃買った980円の竿セット(針、オモリ、リール付き)で初めて釣った魚ですよ(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ