災害時って食事はどうするの?日常からこういう物を備蓄しておきましょう!!


食事以外の準備も必要です!!

大学校

具体的な品名をあげて行きます。

・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証、鍵など)

直接命にはかかわりませんが、何より大切で頼りになるもの。

・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)

特に持病がある方は、災害後すぐにはかかりつけ医に診察してもらえないことを、想定しておきましょう。

・携帯電話、及び充電器

災害直後はつながりにくいでしょうが、やはり欠かせません。くれぐれも充電器を忘れずに。

・携帯ラジオ、予備電池

大災害後のラジオの活躍は、淡路阪神大地震や東日本大震災で実証済み。

・ヘルメット、防災ずきん、軍手、ひも靴

軍手は滑りにくく、不必要な怪我から手を守ってくれます。避難時の靴は、大雨の時も長靴ではなく、かならず紐でしっかり絞められるものを着用の事。急いでいても足元が頼りなくては、逃げるにも逃げられません。紐を絞める時間を惜しまないで下さい。

・マスク、ウェットティッシュ、タオル

マスクは、避難所に着いてからも空気が悪いことが予想されるので用意しましょう。

・洗面用具

顔はタオルで拭いても事足りますが、歯ブラシは忘れぬように。他の物で代替えが効きませんから

・缶切り、ナイフ、箸、スプーン

最近はプルトップ型の物も増えていますが、救援物資の缶詰の山を前に缶切り無し状態は避けたいものです。

・ライター、ロウソク、懐中電灯

灯りは欠かせないもの、懐中電灯は自分の居場所を知らせる時にも役立ちます。

・衣類、下着、毛布

この辺りはかさばりますので考えてしまいますが、最低限のものだけでも持って行きたいものです。

・携帯トイレ

必需品でありますが、実際の事を考えると、使用する場所が確保されていなければ使えないものですし、後始末の問題もあります。お住まいの地域の避難方法などと照らし合わせて考えましょう。

・レジ袋、ビニール袋

汚れものの仕分けや、ごみ入れとしても使えます。簡単に口がしばれるレジ袋は重宝しますので、日ごろから何枚かストックしておきましょう。

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。女性の方は生理用品も忘れずに。


食料はこういうものを準備しておきましょう!!

バイオマス

まず肝に銘じておくべきは、「いざ災害が起こってから水や食料の調達に走っても何とかなる」と言う甘い考えは通用しないと言うことです。

「常識でしょ」との声が聞こえてきそうですが、周りにコンビニやスーパーが立ち並び、「365日、我が家の冷蔵庫」状態の生活では、わが身の事として捉えられる人は案外少ないのです。あの、淡路阪神大地震や、東日本大震災を経験した現在でさえもなのです。

もう一つ、「調理の必要のないモノ」これも大事です。大災害の場合、電気、ガス、水道のライフラインは、切断されることを前提にした準備が必要です。災害後の数日は煮炊きはできないものと覚悟しましょう。

また各自治体でも災害食の備蓄は行われていますが、保存性が優先されがちなのです。東日本大震災の時、大混雑の道路を掻き分け、なんとか辿り着いた救援トラックに積まれていたのは、アルファ米、インスタントラーメン、サバイバルフーズなど調理が必要な食品でした。お腹をすかせて避難所に集まってい居た人達は、どんなにがっかりしたことでしょう。

もちろんこれらの食品も充分役には立ちました。しかしそれは震災発生後10日余りも経ち、各インフラが回復してからの話でした。

数日も経てば支援物資も届き始めます、炊き出しも行われるでしょう。災害後最初の3日間、これを何とか自力で乗り越えられるように。

以上の観点から家庭での具体的な準備を考えます。

1.缶入り、瓶入り、袋入りで、封を切れば箸やスプーンなしでも、手でつまんですぐに食べられるもの。基本的な炭水化物補給源として、乾パンは是非用意したいもの。

2.咽喉が渇きにくい薄めのあじつけのもの。

3.甘いもの。心と身体を癒してくれます。日持ちのする羊羹や飴類はお薦めです。

4.飲料水。1番大切です。飲まず食わずと言いますが、人間「飲まず」には1日でも耐えられません。

これらの食品を古くならないように、家庭でも消費して入れ替えながら保存しておきましょう。


災害はいつ来るか分かりません!!日ごろの準備が重要です!!!

日本で考えられる大規模災害は、地震、台風、洪水、噴火などですが、このうち台風、洪水、噴火は、いきなり災害発生とはなりません。予兆が有りますし、台風などは1週間以上も前から、情報が届きます。

その間に準備も出来れば、避難も出来ます。いきなり襲って来る地震への備えが1番必要でしょう。

大地震発生、まず思うのは家族の安否です。災害は、家族が揃って居る時に起こるとは限りません。どうやって確認すればよいのか?

携帯で連絡できるからなどと安心してはいけません。各携帯電話会社は通信規制をかけます。それでなくてもリダイアルの嵐で、災害発生直後の連絡は無理と思った方が良いでしょう。

公衆電話や固定電話も混雑が予想されます。その時に連絡が付かなくても大丈夫なように、大人ならば各自がどう行動するかを時間帯も考慮に入れて、前もって家族で話し合っておきましょう。

小学生や、幼稚園・保育園に通っている小さな子供は誰が迎えに行くのか、また学校や園の方での対処もあらかじめ確かめておきましょう。

家自体の耐震補強、家具の固定などは言うまでもありませんが。


おわりに

台風、地震、火山噴火、津波、高潮、土砂崩れ等々、日本では自然災害に関して、安全と言いきれる場所など無いと思った方が良いでしょう。日々の忙しい生活に紛れてつい疎かになりがちな災害への備えですが、心したいものです。

本文中には書きませんでしたが、災害への備えとして「保険」も重要な物です。災害直後の混乱を乗り切った後、一番頼りになり切実に必要なのはお金です。

被災の程度によっては国、各自治体からの支給も考えられますが、適用要件はなかなかに厳しいものが在ります。個人での備えを考えましょう。

火災保険に入っておられる方は多いでしょうが、先の2大震災でも問題になったように、地震に起因する火災は火災保険のみでは保証されません。地震保険とのセット加入を検討しましょう。

国、自治体は大きな力と資金を持っています。しかしそれは、必ずしも隅々にまで行き届くものとは言えないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ