カシミヤの縮まない洗濯方法!日ごろのお手入れで長持ちしますよ。

はじめに

カシミヤと聞いて、皆さんはどんなイメージが思い浮かぶでしょうか?

「高級デパートで売っていそう」「肌触りがなめらかで気持ちいい」などなど、いろいろな印象があるかと思います。

例えばカシミヤ100パーセントのマフラーやセーターなどは、誰かにプレゼントしたらとっても喜ばれるものですよね。

どこかに私にもプレゼントしてくださるステキな紳士はいないでしょうか...。

ただ、良いものであるとは分かっていても、「デリケートで扱いが難しそう」「お手入れの仕方がよくわからない」などの理由で、自分用にはなかなか手が出しにくい感じがします。

そういう方は、割と少なくないのではないでしょうか?

この記事では、肌触りだけではないカシミヤの魅力や、自宅で行うお手入れ・洗濯の方法などについてご紹介していきます!

「繊維の宝石」カシミヤの魅力について

本題に入る前に少しカシミヤの魅力について語らせて下さい。

カシミヤは、中国やイラン、モンゴルなど高地の厳しい環境に生息する「カシミヤ山羊」から採れる獣毛素材です。

同じくセーターなどによく使われている素材にウール(羊毛)がありますが、一頭の羊から採れるウールが約4キロであるのに対し、一頭のカシミヤ山羊から採れるカシミヤはなんと約150~250グラム(!)であると言われています。

それも不純物などを取り除くと約80~120グラム程度になってしまうそうで、非常に貴重な素材であることから「繊維の宝石」とも呼ばれています。

高価なのには理由があるんですね!

ですが、高くてもカシミヤはとても人気があります。それは次のような魅力があるためです。

①光沢があり美しい

②柔らかくて軽い

③保温性に優れている

これらの魅力は、カシミヤの繊維の構造に秘密があります。

カシミヤの繊維の表面には髪の毛のキューティクルのような凹凸がありますが、ウールなど他の素材と比べてその凹凸が少なく、触り心地がなめらかで上品な風合いになるんですね。

繊維にはカシミヤ山羊の油脂が含まれており、独特の光沢感が見られるのも特徴です。

また、カシミヤはカシミヤ山羊の「産毛」に当たるため、繊維がとても細くなっています。柔らかく軽いのはこのためです。

一本の糸を仕上げるのにより多くの繊維を束ねることができるので、細かな繊維が絡まり合い、たくさんの空気が蓄えられます。

例えば風など動く空気に触れると寒さを感じますが、滞留した空気は断熱効果があるため、溜められる空気が多いカシミヤはほかの素材よりも暖かく感じるのです。

このように、カシミヤには高級素材にふさわしい魅力がたくさんあるんですね!

カシミヤの日頃のお手入れ方法!

さて、そんな魅力いっぱいのカシミヤですが、やはりデリケートな素材のため、扱い方には少々注意が必要です。

まず日頃のケアとして、毎日繰り返し着用することは避け、着用したらブラッシングを行いましょう。

カシミヤが活躍する冬は、静電気がとても多い季節。

一日外出すると想像以上にたくさんのホコリや汚れが付着しており、摩擦によって毛並みも乱れがちです。

こういったものは放置すると毛玉の原因になってしまいます。特にカシミヤは前述のとおり繊維が細かいので毛玉ができやすく、まめなお手入れが必要です。

豚毛や馬毛など柔らかい天然毛のブラシでブラッシングすることで、美しい風合いを長く保つことができます。

実は「デリケートな素材にはクリーニングでしょ」と思われがちですが、カシミヤは水に弱く、繰り返し洗うことで繊維の油脂が取れ、風合いが損なわれやすいんです。

頻繁なクリーニングは避け、ブラッシングをメインのお手入れにしましょう。

また、時々スチームアイロンを軽ーく当ててあげることで防臭効果があり、しなやかさも蘇ります。

もしもブラッシングでは落ちないようなシミや汚れがついてしまったら、

①中性洗剤を柔らかい布に含ませて拭き取る

②水を含ませた布で洗剤のついた箇所を拭き取る

③平置きで陰干しし乾燥させる

という手順ですぐに落とすようにしましょう。そのままにすると虫喰いなどの原因になります。

カシミヤをどうしても洗濯したい!洗濯機の使い方!!

ブラッシングでまめにお手入れしていても、時には洗濯してさっぱりしたいもの。カシミヤを洗濯してもいいのでしょうか?

結論から言うと、可能です!

しかし、洗濯機でじゃぶじゃぶと洗うのはやはり避けた方がベターでしょう。

ただ、最近は「自宅で洗える」というのを売りにした商品も多く見かけます。

カシミヤでも普段づかいのもので「手洗い可」等の洗濯表示がある場合は、洗濯機の「手洗いモード」などを使用してみてもいいかもしれません。

ですが、もし長く着たい大切なカシミヤであれば、次のことに気をつけて手で洗うようにしましょう。

①低い温度の水で洗う

②短い時間で摩擦を起こさないように洗う

③単体で洗う

カシミヤは水の温度が高いと縮んでしまいます。

ぬるま湯の方が汚れが落ちそうな感じがしますが、洗剤が溶ければ常温の水で構いません。洗剤はウール用のものがオススメです。

水に洗剤を溶かしたら、カシミヤを浸し、優しく押し洗いをします。

長時間洗うことや他のものと一緒に洗うことは摩擦を発生させ毛玉の原因になりますので、「一つずつ短時間で」というのがポイントです。

一度すすいだら、柔軟剤で油分を補給し繊維を保護してあげるといいでしょう。

そして脱水ですが、実はこれだけ、洗濯機でできます!

「洗い」や「すすぎ」は洗濯機だとどうしても強くなってしまいますが、脱水は遠心力で水分を飛ばすため、タオルのように絞るより摩擦が少なく、しっかりと水気を切ることができるんです。

最後に形を整え、風通しの良い場所に平置きで陰干しして終了です。

おわりに

ここまで、美しくて着心地も暖かさも抜群なカシミヤの魅力、お手入れ&洗濯方法などについてご紹介してきました。

ファストファッションなどが流行している現代ではありますが、だからこそ「良いものをお手入れして長く着る」という習慣も大切にしていきたいですよね。

特にカシミヤは、大事に扱えば10年、20年と着用できるものです。

カシミヤ愛好家の中にはカシミヤを「育てる」という言い方をする人もいるそう。長い時間をかけて自分で育てたカシミヤには、きっと特別な愛着がわくのでしょうね!

「冬のボーナスを何に使おう?」と迷ったら、ぜひ自分のために質のいいカシミヤを購入してみるのもいいのではないでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ