ターコイズブルー。その色の魅力と意味に迫ります。

はじめに

ターコイズは12月の誕生石としてよく知られており、男女ともに使える宝石として特に人気があります。みなさんご存知のようにターコイズは青空のような綺麗な青色が特徴の石です。

この青色には、薄い水色のものから濃い青や緑がかったもの、黒や茶の葉脈の模様が入ったものなど、実にバリエーションが豊富です。これはターコイズに含まれる銅や鉄の濃度の違いによるものです。

パワーストーンとしても人気のターコイズ!!!

ターコイズ (2)

中近東では均一的な色のターコイズが好まれており、北米では混入物のあるターコイズの方が価値があるとされています。そして、ターコイズはアクセサリーとしてだけでなく、パワーストーンとしても人気があります。

もともと、ターコイズは古代よりトルコでは旅の御守りとしてラクダの首に付けていたことから、持ち主の身を危険から守る働きがある石として世界中に知られるようになりました。

また、ネイティブアメリカンの間ではターコイズは地球をとりまく美しい空を表す、天や神の力が宿った聖なる石として、神聖視されていました。

ターコイズに魅力を感じる人は人間関係などのストレスに悩んでいたり、上手に自己表現ができず、孤独に感じていることが多いようです。そんな気分の時にはターコイズを身につけてみましょう。

ターコイズは非常にデリケートな石なので、強度を高めるために透明樹脂を含浸する加工を施してあります。着色等の処理はされていません。この加工のおかげでアクセサリーなどの装飾品として利用することができます。

そのため、水や汗、化粧品、熱等にあまり触れないように、また強い衝撃を与えないよう取り扱いには十分に注意する必要があります。

ターコイズは一つではありません。色んな種類があるんです!!

それでは、ターコイズにはどのような種類があるのでしょうか。

ターコイズの科学的な名称は「水酸化銅アルミニウムリン酸塩」といいます。アルミニウムや銅、酸水素、リン酸塩等の成分を含む地層に雨が染み込み、堆積し結晶化することでターコイズの原石ができます。

ターコイズは不毛な、山の多い地帯で形成される事が多く、その産地として有名なのがアメリカ、中国、イラン、チリなどです。

ターコイズは原石に含まれる成分の比率により色に微妙に違いが生まれます。銅が多ければ青味が増し、アルミニウムの含有量が多ければ白んだような風合いに、という具合に変化するのです。

しかし、産出される場所によって柄や色の出方が変わり、また、同じの産地なのに違った柄の出方があります。ですから、ターコイズには数えきれないほど非常に多くの種類が存在するといえます。

主なターコイズの種類には、アメリカのネヴァダ州の中央東部、ランダー郡で採掘されるインディアンマウンテン、同じくネバダ州トノパー付近で採掘されたキャンデラリアターコイズ、アリゾナ州南部の町ビズビー近郊で1974年より採掘されているビズビーターコイズなどがあります。

しかし、天然のターコイズは、表面に無数の穴が空いた比較的柔らかい石です。そのままの状態でカット、成形、研磨を行うには鉱物の硬さ表す数値であるモース硬度が約4.5以上必要なのですが、それを満たすものは全体のわずか15%程度です。

硬度が満たないターコイズは穴が多くて柔らかいため耐久性に問題があるので、薬品での補強処理を必要とします。世の中に多く出回る大半を占めるのは、そのように薬品加工されたターコイズや、プラスティックなどを使った精巧なイミテーション。

そのままのナチュラル・ターコイズは市場の約1割しかないとされ、とても希少価値の高いものです。

比較的安価ですが程度の良いものは結構な価格ですよ!!

ターコイズ

先ほどの「ターコイズの種類」でも説明したようにターコイズという石は基本的に硬度が低い、柔らかい石です。

良質なターコイズは、美しい色や模様、そして十分な硬さを持っていますが、すべてのターコイズが高品質であるわけではないので、宝石やジュエリーとして使用するためには、人工的に加工する必要があります。

細かい穴に樹脂を詰め込み、強度を増したり、色を濃くするスタビライズド加工、いったんターコイズを粉にし、樹脂や塗料を混ぜて固め直すリコンステチュテッド加工、染料等を気泡に入れ、強度を増したり色を濃くするエンハンスド加工やグリースなどの油分を石に浸透させることによって、色を濃くするワックスド加工といった方法があります。

ターコイズの値段はこの加工のされ方で大きく変わってきます。自然の状態でなくなるほど値段は安くなってしまうのです。つまり、先ほど説明した加工をするほどターコイズの価格は安くなってしまします。

加えて、ターコイズの値段は、そのターコイズそのものの希少性の高さでも大きく変化していきます。人気度やレア度など、様々な要素で価格が変化するのはもちろん、需要と供給のバランスがとれていないターコイズは値段も益々高くなってしまいます。

ですから、ターコイズで安いものと高いものでは10倍以上も価格に差ができるともいわれます。安価なものは強度を高めるために多くの加工がされたターコイズであると考えることができますね。

おわりに

ターコイズは12月の誕生石として一般的に知られた宝石であり、持ち主の身を危険から守る働きがあるパワーストーンとしても有名です。

青空のような綺麗な青色と黒や茶の葉脈模様が入った、バリエーション豊富な石です。これは、ターコイズに含まれる銅、酸水素、リン酸塩等の成分の濃度の違いによるものです。

ターコイズ産地は、アメリカ、中国、イラン、チリなどが知られています。産出される場所によって柄や色の出方が変わったり、同じの産地なのに違った柄が出るというように、ターコイズの種類は数えきれないほど多くあります。

そんなターコイズですが、実は非常に柔らかく、少しの衝撃で割れてしまう石です。宝石やジュエリーとして使用するためには、強度を強くするために様々な加工をする必要があります。

ターコイズの価格はこの加工のされ方で変わってきます。手を加えていない美しい色や模様、十分な硬さをもつ良質なターコイズが高価格で取引されているのです。

現在世の中に出回るターコイズの9割が何かしらの加工を施されたものです。それほど、天然のナチュラル・ターコイズは非常に価値が高いのです。

しかし、ターコイズを手に取って、その時に一番心にぐっときた物がその時の自分にとってふさわしい、価値のあるものではないでしょうか。

みなさんも、種類や価格にこだわるのではなく、直感に従って自分好みのターコイズを選んでみてはどうでしょうか

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ