栄養満点??ワカサギ釣りに最適な時期は○○!!釣具や仕掛けは!?


はじめに

ワカサギ2

ワカサギ釣りと聞くとピンと来ない方も、「『ぐるナイ』で、氷の上でやってた釣り」と聞くと「ああ!」と思い出されるかも知れません。そうです、あれがワカサギ釣りなのです。

ただし、『ぐるナイ』で行なわれていたのは、ワカサギ釣りの中でも穴釣りと呼ばれる釣り方です。ワカサギ釣りには他にいくつもの釣り方があり、さまざまな形でワカサギ釣りを楽しむことができます。


ワカサギ釣りに最適な時期。釣具や仕掛けはこれでOK!!

まずはワカサギ釣りの時期についてご紹介いたしましょう。

ワカサギ釣りの時期は、秋から翌春の間です。春といっても3月あたりまでですから、比較的寒い時期が釣り時ということになります。

次に、ワカサギ釣りの種類についてご紹介します。

ワカサギ釣りには大きく分けて、穴釣り、陸釣り、ボート釣りの3種類の釣り方があります。このうち、最初の穴釣りのやり方は、『ぐるナイ』でやっていたそのままです。

具体的には、氷に開けた穴から釣り糸を垂らし、氷の下の水中にいるワカサギを釣ります。氷がしっかり張っていないとできませんので、真冬に行なうことになります。

2番目の陸釣りとは、湖の岸などの陸地から、リール竿などを使って釣りを行なうというものです。適している時期は秋口です。

最後のボート釣りとは、その名の通り、ボートなどに乗って釣りを行なうというものです。昔は手漕ぎボートに乗って行なうのが主流でしたが、近年は屋形船に乗って行なうのが人気となっています。

ちなみに、屋形船でワカサギ釣りをする場合には、手漕ぎボートでのボート釣りとは全く違ってきます。屋形船では、外気と隔てられた船内の床にワカサギ釣り用の穴が開いており、寒い外気に触れることなくワカサギ釣りを楽しむことができます。

快適な環境でワカサギ釣りを楽しみたい方に、特におすすめです。

釣り具は電動リール竿が主流ですが、手巻きリール竿や手バネ竿でも可能です。仕掛けは、ワカサギ釣り用の完成仕掛けが多数、市販されていますので、シチュエーションに応じて使い分けるとよいでしょう。


釣ったワカサギは食す!!ワカサギのおいしい料理方法!!!!

ワカサギ1

ワカサギ釣りは、釣り自体も楽しいものですが、釣ったワカサギをその場で食べるのもまた、楽しいものです。

簡単にできるワカサギの料理法としましては、網焼きにしたり、から揚げにして食べるのが、一般的です。網焼きにして食べる場合には、まず、釣ったワカサギを熱した網に乗せ、そのまま焼きます。

ある程度、焼けたら、醤油などをつけて、さらに焼いてから食します。網焼きにせず、串焼きにして食べる場合も同様で、ある程度焼けてから醤油などをつけ、さらに焼いてから食します。

から揚げにする場合には、揚げ物用の鍋に油を入れて熱し、小麦粉をまぶしたワカサギを入れて、から揚げにします。鍋から出した後、塩を振って食べるとよいでしょう。

ちなみに、後片付け用に油凝固剤を用意しておくと、手間が省けます。(油凝固剤は、油処理剤などとも呼ばれており、ジョンソンの『固めるテンプル』などが有名です)。

他には、アルミホイルを使ってバター焼きにする料理法などもあります。

以上は釣ったワカサギをその場で食べる場合の話ですが、釣ってすぐに食べることにこだわらなければ、ワカサギの料理法はいろいろあります。クックパッド等でレシピを検索してみるのもよいでしょう。

一例としましては、ワカサギのマリネや南蛮漬け、アクアパッツァなどがあります。


我が血肉となるワカサギの栄養素!!

釣って楽しく、食べておいしいワカサギですが、栄養的にはどうなのでしょうか。

現時点での最新版である、文部科学省の日本食品標準成分表2015年版(七訂)を元に、見ていくことといたしましょう。(※以下の数値は全て、生の状態での可食部100グラム当たりの数値です)。

まず、カロリーについてですが、ワカサギの場合、77キロカロリーとなっています。ヤマメの119キロカロリーや、ブリの257キロカロリーと比べると少なめですが、トラフグが85キロカロリーですから、極端に少ないとも言えません。

とはいえ、77キロカロリーと言えばシラウオと全く同じですから、多い部類には入りません。その分、カロリーを気にせず食べることができる、とも言えそうです。

ちなみにワカサギは脂質も1.7グラムと少ないのですが、から揚げなどにすると油分が増え、カロリーも増えますので、その点はご注意ください。

ワカサギの大きな特徴としては、カルシウムが450ミリグラムも含まれている点が挙げられます。ヤマメが85グラム、ブリが5グラムなのに比べると、かなりの多さです。

実はこれには理由があります。標準成分表の数値は、可食部つまり「食べられる部位」に含まれる成分の数値なのですが、ワカサギは骨も柔らかいため、骨ごと食べることが可能なのです。

そのため、他の魚に比べますと、カルシウムをかなり効率的にとることが可能です。ワカサギには他にも、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンD、亜鉛、リンなど、人体に有益なさまざまな成分が含まれています。


おわりに

個人的に、「ワカサギ釣りって言ったら『ぐるナイ』!」っていうほど、『ぐるナイ』のイメージが強いワカサギ釣りですが、なんだ、あんな寒い思いをしなくても、釣る方法はあるんですね。

ボートや陸釣りもよさそうですが、一回、体験してみたいのは屋形船です。画像は紹介できなかったんですが、船の形もいろいろあって、見るからに楽しそう。

ちょっと未来っぽいのやら、まんま湖に浮かんだ家みたいなのやら。それに、なんといっても寒くない!

そりゃあ、少しは寒いでしょうが、凍った湖面の上にずっと座っているのとかに比べれば、快適さは天と地ほども違うはずです。

もちろん、凍った湖面の上で釣るのは別の風情がありますから、一度はやって、釣りをしてるところを写真に撮っておきたいですよね。

そして釣ったワカサギを豪快に食べる!ああ、考えただけでお腹が減ってきました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ